Archive|o/t/c(自主企画/2007~2014)について

中川裕貴が2007年~2014年の間、バンド「N.O.N」及びソロとして企画したイベント「o/t/c」についてのアーカイブ。

o/t/cとは?


2007年末よりスタートした"o / t / c"(正式名称: out of / think of / contemporary music)は現代音楽、実験音楽、そしてその“演奏行為”そのものについて考え、その思考をとりあえずは音によって提示するコンサートシリーズです。


現代に在るべき/在っても良いはずの"現代音楽"の形について


現代音楽(contemporary music)の中から外へ(out of)

そしてその離れた/離れざるを得なかった現在の地点より

また現代音楽との距離を測る(think of)


というコンセプトのもと、コンサートを企画しています。


中川裕貴(N.O.N, swimm)


<過去の出演アーティスト>

gnu、空間現代、SJQ、Asuna、Takahiro Yamamoto(ex.Busratch)、山内桂、 山崎阿弥 、河野円、イガキアキコ、新世界横丁、大和川レコード(アサダワタル)、盆ノ窪、古舘健、Z-Z言語「ウ」、Bun Ito、山崎昭典、豊永亮、miku-mari、Alfredo Costa Monteiro、stian westerhus、a snore. 、alexandre babel、Tim Olive、Brian Labycz、Tralten Eller Utpult 他多数。


■scene.32

"音楽とたたかうこと/たたかわないこと/その廻りの賭け事2”

2014年9月29日(月)@UrBANGUILD

o/t/c scene.32

"音楽とたたかうこと/たたかわないこと/その廻りの賭け事2”


出演:

中川裕貴、バンド

 中川裕貴(cello,electronics,computer)

 菊池有里子(piano)

 横山祥子(violin)

 出村弘美(non-musician)

 天野奏(harp)


Maher Shalal Hash Baz

 工藤冬里 Tori Kudo 他多数


※Participants are welcome.

※Maher Shalal Hash Bazの演奏に参加してくださる方を募集します。基本的に誰でも参加可能です(なるべく”演奏”してくれる方が好ましいです・これは上手い下手は問題ではなく)。演奏参加に興味のある方は、中川裕貴までご連絡ください。


OPEN 19:00 / START 19:30

adv.2500 yen with 1drink / door.2800 yen with 1drink


会場:UrBANGUILD

京都市中京区木屋町三条下ルニュー京都ビル3F

TEL/FAX 075-212-1125


企画:中川裕貴 yuki nakagawa


support: sukima industries, oikaze inc.

logo design: 三重野 龍 MIENO RYU

picture: fuca1meme

■scene.31

”音■と■た■う■と■た■わ■い■と■の■り■賭■事”


2014年7月16日(wed)@エンゲルスガール(京都)


演奏:

中川裕貴 Yuki Nakagawa(cello,electronics)

山崎阿弥 Ami Yamasaki(voice from Tokyo)


18:30 open / 19:00 start / 20:00 end

charge 1000yen(1ドリンク付き)


■scene.30

"音楽とたたかうこと/たたかわないこと/その廻りの賭け事”

2014年6月1日(日)@UrBANGUILD


演奏:

空間現代

中川裕貴、バンド


DJ話芸:

アサダワタル


OPEN 18:30 / START 19:00

adv.2000 yen +1drink / door.2300 yen +1drink


会場:UrBANGUILD

企画:中川裕貴


support: sukima industries

logo design: 三重野 龍 MIENO RYU

■scene.29

“縫合 と 抜糸”

2013年9月30日(月)@UrBANGUILD(京都)【DAY1】

2013.10月7日(月)@UrBANGUILD(京都)【DAY2】


【DAY1:縫合 suture】

20:00 start|Charge free(Pass the hat style admission 投げ銭制)


・Performance by 中川裕貴、バンド yuki nakagawa,band

  中川裕貴  yuki nakagawa:Cello, Electronics, Computer

  横山祥子  Syoko Yokoyama:Violin

  菊池有里子 Yuriko Kikuchi:Piano


【DAY2:抜糸 removal of sutures】

20:00 start|Charge free(Pass the hat style admission 投げ銭制)


・Performance by 中川裕貴、バンド yuki nakagawa,band

  中川裕貴  yuki nakagawa:Cello, Electronics, Computer

  横山祥子  Syoko Yokoyama:Violin

  菊池有里子 Yuriko Kikuchi:Piano

special guest:アサダワタル Wataru Asada

■scene.28

"今日-/ noミューz[sic].&"

2013.5/12(sun)@UrBANGUILD


出演:

・SJQ

・Tralten Eller Utpult (from Norway)

・Takahiro Yamamoto(ex.Busratch) × asuna

・中川裕貴、バンド (yuki nakagawa, band)

■scene.27

"食堂がo/t/c"


2013.1/21 (mon)@UrBANUILD(京都・木屋町)


出演:

◇中川裕貴

◇中川裕貴、バンド

中川裕貴:cello, electronics, computer

横山祥子:violin

菊池有里子:piano


18:00 - 24:00 / no charge!!!

※中川裕貴、バンドのデビュー戦(2019年11月19日中川より)

■scene.26

"外せ"


2012年11月25日(sun)@エンゲルスガール(京都・丹波口)


Act:

山内桂

新世界横町

もぐらが一周するまで

中川裕貴

■scene.25

「ひとつのヒト が/の/は ひとつの音」


2012.4/22(Sun)@エンゲルスガール(京都・丹波口)


出演:

山内桂

山崎昭典

中川裕貴


■わるいおとながo/t/c

N.O.N + z-z言語「ウ」 presents...

"わるいおとながo/t/c"

2012.02/18(Sat)@UrBANGUILD(京都・木屋町)

Act:

gnu

z-z言語「ウ」

N.O.N


2012.02/19(Sun)@FLOAT(大阪九条・西九条)

Act:

gnu

z-z言語「ウ」

N.O.N


■scene. 24

-Sounds of Silence-


2011.12/17(sat)@心斎橋nuthings(大阪)


出演:

N.O.N

DARUIN&Arms Mo Enium

eadon(mm)

.es


※o/t/c 唯一の長野くん企画


■scene. 23

2011.11/26(sat)@京都エンゲルスガール(京都)


出演:

Brian Labycz(from Chicago)

米子匡司(FLOAT/SJQ)

miku-mari

長野雅貴

中川裕貴


support by sukima industries


■scene. 22

"歩きながら私が此処に居座り続けられる限界"


2011.10/29(sat)@sample white room(奈良)


中川裕貴9時間連続演奏

with 山崎昭典、miku-mari 、山内桂、備後英行、松浦達彦


■scene. 21

-バンドブーム1-「私たち」とさえ言うことのできない「私たち」について"

2011.9/23(Fri・祝日)@UrBANGUILD(京都・木屋町)


出演:

空間現代

z-z言語「ウ」

N.O.N


support by sukima industries


■scene. 20

scene.20 "ファンとノットファンと(ファン=fun)"

2011.8/14(sun)@エンゲルスガール(京都)

出演:

河野円(東京)

中川裕貴

イガキアキコ(たゆたう)


2011.8/12(fri) @sample white room(奈良)

出演:

<ライブ>

河野円(東京)

中川裕貴

長野雅貴

大和川レコード

もぐらが一周するまで


<トーク>

私が想像する棚×中川裕貴×出演者

「ゲンダイオンガク---私のあなたの楽しくない(楽しい)音楽」

■scene. 19

"また巡る「音」について"


2011.4/2(Sat) @sample white room(奈良)


Act:

盆ノ窪(from 東京)

山内桂(from 大分)

山崎昭典

中川裕貴×イガキアキコ(たゆたう)


[About]

2007年末よりスタートした"o/t/c"(正式名称: out of / think of / contemporary music)は現代音楽、実験音楽、そしてその“演奏行為”そのものについて考え、その思考をとりあえずは音によって提示するコンサートシリーズです。現代に在るべき/在っても良いはずの"現代音楽"の形について/現代音楽(contemporary music)の中から外へ(out of)/そしてその離れた/離れざるを得なかった現在の地点より、また現代音楽との距離を測る(think of)/というコンセプトのもと、コンサートを企画しています。


とかのたまってたら、サラリーマンになっていました。自己批判ですか?いいえ。聴く音楽も変わってきました。現代音楽ってどんなんですか?よくわからなくなってきました。左目と右目の視力に差が出てきて、見るべき地点がぼやけてきました。しかし音は、音楽である以前に、音は、音は、音は、私のところにやってきて何発もお見舞いしてくれます。45度の角度から強烈なやつを一発二発と、、、おかげでクラクラきて、久しぶりにぼやけた焦点が合いました。そしたら音が言いました。「私は巡る」と。


4月2日はそんな日です。「また巡る音について」

音の生まれる場を見ましょう、聴きましょう。



中川裕貴


■scene. 18

"3つの窓"


2010.11/27(sat)@sample white room(奈良)


Act:

山内桂 Katsura Yamauchi (from 大分)

N.O.N

備後英行 Hideyuki Bingo



[About]

山内さんのライブを観て、いわゆる"テクニック"と言われるものとは、別のところにあるそれの存在について意識をしました。それはまた自分も何年間もの間追求しているものでした。

しかしそれが何かは今もまだうまく説明できません。

がしかし、しかし、しかし、

音を如何に数多あるフレームの層から解放するか?見ると聴くという2つ行為の距離を測るとはどういうことか?

上のような問いに対する果敢な挑戦が、その"テクニック"に対する一つの答えになりうるような気がしています。


中川裕貴


■scene.17

"対話の限界-yuki nakagawa play duo"


2010.11/20(sat)@sample white room(奈良)


Act:

3 sessions

中川裕貴 Yuki Nakagawa 

×イガキアキコ(たゆたう) Igaki Akiko(Tayutau)

×Tim Olive

×豊永亮 Akira Toyonaga


[About]

相手がいる状態での"即興"というものについて、僕はそれを単なる対話としてしか見れない。しかも不可能な対話としてしか。

私たちは楽器を持ち、「自分は~である」と相手に"発言"をするわけですが、そもそもそんなことが可能であるのでしょうか?

そんな問いついて。またはその問い自体とはかなり離れたところにある"音楽"について。3つのDuo。そしてそれを観ることについても。


中川裕貴


■scene.16

"counting severance"


2010.5/5(wed/Holiday)@sample white room(奈良)


Act:

Nick Hoffman(from u.s)

Tim Olive & yuki nakagawa duo

miku-mari


■scene.15

"管/kuda になるということ"


2010.4/24(sat)@sample white room(奈良)


act:

Katsura Yamauchi 山内桂/

Junichi Hamaji / 濱地潤一/

Akira Toyonaga 豊永亮

Yuki Nakagawa 中川裕貴


■scene.14

"an-en_so"


2010.4/3(sat)@sample white room(奈良)


Act:

Tom Hall(from Brisbane) + Tim Olive/

Akiko Igaki イガキアキコ(tayutau たゆたう)/

Ken Furudate 古舘健 /

ieva (aka Samuel Andre) /

yuki nakagawa 中川裕貴


■scene.13

”三月、肉の味を知らず”


2010.3/26(fri) @UrBANGUILD


Act:

・N.O.N

・swimm

・松浦達彦バンド

・大将夫(もぐらが一周するまで+ex.大和川レコード)

・中川裕貴


■scene.12

"daniel fandino & brian labycz in Nara"


2010.3/18(thu)@sample white room(奈良)


Act:

daniel fandino & brian labycz duo (from chicago)

a snore

Hideyuki Bingo / 備後英行

yuki nakagawa / 中川裕貴