Concert|中川裕貴「アウト、セーフ、フレーム」

日時:2020年7月31日(金)~8月2日(日)

会場: ロームシアター京都 サウスホール

ロームシアター京都×京都芸術センター U35創造支援プログラム”KIPPU”


「アウト、セーフ、フレーム」メインビジュアル

(デザイン:古谷野慶輔

日時

7月31日(金)19:00 8月1日(土)13:00 / 19:00 8月2日(日)13:00

※8月1日(土)13時~の回については託児サービスがございます。詳細はロームシアター京都へお問い合わせください。


本公演は新型コロナウイルス感染症対策のため、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けるという観点から、会場をノースホール(小ホール)からサウスホール(中ホール)に変更して上演をいたします。また会場の変更に伴い、公演日程も変更いたします。当初予定からの変更となりましたことを深くお詫びを申し上げると共に、楽しみにされていた皆様におかれましては、誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

会場

ロームシアター京都 サウスホール

「分断が“キク”」、音は交じり合う。この場所での異能の「コンサート」について。

チェロを使用した作曲/演奏/演出活動を行う中川裕貴による新作コンサートを開催します。このコンサートでは、演奏という行為、そこから生まれる音、そして音が放たれる場所について思考/試行を続けてきた中川による、音楽コンサート/ホールの中でしか成し得ない新しい「作曲作品」を上演します。 チェロという楽器の中に潜む「声」を様々な演奏手法(電気増幅・変調/打楽器的奏法/擬態=チェロの音を他のモノへと様子を似せること)によって引き出すこと。またその引き出された=現実化された音に、様々なかたちの「介入」が差し挿まれることによって、演奏する身体/演奏される場所・時間・客席に作曲・演出された(或いはされていない)「分断」が現れる。 そのような場所から、音そのものへのアクセス、「きくこと」の行方を探るのがこの上演の目的です。 聴くこと/聴こえなくなること、見えること/見えなくなること/見切れ(本来みえてはいけないものが見えてしまうこと)、音の周りにあるアウト、セーフ、そしてフレームについて。一つにつながっていたものを一旦バラバラにすることから、まだ聴いたことがない「つながり」を体験すること。

「ここにいるうちにどこかで別のことが起こっているかもしれない」

その想像に対して、演奏・音・言葉が与える“別の仕方”とは?

出演者/スタッフ:

作曲/演奏/演出:中川裕貴 出演:中川裕貴、菊池有里子、横山祥子、出村弘美、穐月萌、武内もも(劇団速度)

サウンドデザイン:荒木優光 舞台監督:北方こだち 照明:十河陽平(RYU)

音響:甲田徹 技術協力:白石晃一

宣伝美術:古谷野慶輔 制作:富田明日香、阪本麻紀

「アウト、セーフ、フレーム」webサイト (ロームシアター京都)

https://rohmtheatrekyoto.jp/event/59027/

チケット料金

一般 3,000円 ユース(25歳以下)2,000円 高校生以下1,000円 ※ユース、高校生以下は入場時証明書提示


主催者側先行発売日:

2020年5月8日(金)10時頃~ ※本WEBサイトチケット予約フォーム(下記) -----

ロームシアター京都チケット先行発売日:

2020年6月1日(月) ※ロームシアター京都フレンズ会員(オンライン会員)、Club会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)・京響友の会会員


ロームシアター京都チケット一般発売日:

2020年6月5日(金)

チケット/申し込み

https://www.quartet-online.net/ticket/out_safe_frame

※5月8日10時~予約受付開始/公開予定


logo-1.png
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン
menu-2.png
parabasis1 - Yuki Nakagawa
00:00 / 00:00