Performance|小菅紘史×中川裕貴『山月記』@豊岡演劇祭2022

2022.9/23-25 小菅紘史×中川裕貴『山月記』At 豊岡演劇祭2022


日程/会場:

9/23(金・祝)20:30 玄武洞公園*

9/24(土)18:00 養父神社

9/25(日)18:00 七日市天満神社境内 天神広場


*玄武洞公園直通バス「ちょい観光バス」の臨時便を追加運行します。詳しくは全但バスWEBサイトをご確認ください。

 

作品/クレジット:

出演:小菅紘史

演奏:中川裕貴

原作:中島 敦「山月記」

 

作品概要:

高校教科書にも載っている中島敦の「山月記」を一人芝居として舞台化。音楽家・中川裕貴のチェロ演奏とともに、虎になってしまった男の孤独と郷愁を描く。これまでさまざまな場所・地域での上演を重ねており、2020年の豊岡演劇祭では城崎の温泉寺境内にて上演。今年の演劇祭では玄武洞、養父神社、香美町の3ヶ所で巡演を行う。

 

<『山月記』あらすじ>

中国は唐の時代。先を急ぐ男は、危険をかえりみず、山道を進んでいた。そこで男は、一匹の虎に出会う。その虎はかつての友人であった。その虎となった友人は、草むらの奥で姿を隠し語りはじめる…。